バッティンググローブ.com

バッティンググローブ(バッテインググラブ)の選び方、おすすめ、商品紹介をしています。

フランクリンのバッティンググローブの評判・口コミ・サイズ感など

フランクリンとは

f:id:ys272829:20180104151702j:plain

フランクリンとは、野球やバスケットボール、アイスホッケーなどを製造、販売するアメリカのスポーツ用品メーカーです。

中でも野球用のバッティンググラブはMLB(メジャーリーグ機構)が公認している、非常に品質の高いモデルになっています。

 

↓手首ベルト部には公認の証であるMLBのマークが入っています。

f:id:ys272829:20180104151631j:plain

 

その高い品質からメジャーリーグを代表する多くの強打者が長年フランクリンのバッティンググラブを愛用しています

 

デトロイト・タイガース:ミゲル・カブレラ

ヒューストン・アストロズ:ホセ・アルトゥーべ

クリーブランド・インディアンス:エドウィン・エンカーナシオン

元ボストン・レッドソックス:デイビット・オルティス

元シアトル・マリナーズ:ケン・グリフィーjr

元セントルイス・カージナルス:マーク・マグワイア

など

また近年では日本球界でもオリックス・バファローズの吉田正尚選手東北楽天ゴールデンイーグルスのオコエ瑠偉選手東京ヤクルトスワローズのバレンティン選手などがフランクリンのバッティンググラブを使用しています。

 

特徴

フランクリンのバッティンググラブの特徴として挙げられるのは①耐久性と②デザイン性。革は柔らかく少し厚めで、耐久性が非常に高いです。また、デザインがカッコいいのが特徴です。メジャーリーガーも全く同じ品質、デザインのものを使用敷いている所にも惹かれます。。。

サイズ展開はS,M,Lとあり、少し大きめなのでいつもより1サイズ小さいものでもいいかもしれません。参考までに私はミズノのバッテインググラブは27cm、フランクリンはLです。

注意点

現在日本で販売されているフランクリンのバッティンググラブは全て天然皮革です。以前は”アーマータンレザー”と呼ばれるウォッシャブル(洗える)天然皮革が採用されていましたが、現在販売されているCFX PROおよびNEO CLASSICⅡには”デジタルシープスキンレザー”という素材が採用されているため、洗うことができませんので要注意です

稀にウォッシャブルと表示して販売している小売店さんもあるので注意しましょう。洗ってしまうとフランクリンの特徴である柔らかい革の質感が損なわれてしまいます(私も間違えて洗濯してしまった経験があります)。

 

商品ラインナップ 

日本で現在販売されているのはCFX PRO、NEO CLASSICⅡ2つのシリーズになります。ちなみに私のオススメはCFX PROです。

 

CFX PROはNEO CLASSICⅡと比較した際に、カラーバリエーションが豊富なのが特徴です。

 

一方でNEO CLASSICⅡはCFX PROよりもフィット感が良いと言った特徴があります。

 

どこで買えるの?

フランクリンのバッティンググローブを取り扱う店舗は増えてきていますが、依然として少ないのが現状です。Amazonや楽天市場などのオンラインサイトでの購入がオススメです。